プロジェクト詳細

復興漫画キセキのヒロシマを全国へ広めたい!

復興漫画「キセキのヒロシマ」を全国へ広げるきっかけとして、全国で読書会活動をされています、
一社)RFA協会のリーディングファシリテーターさんと一緒に、
東京・大阪で、講演会+読書会形式のイベントを開催できればと思っております。

その、イベント開催及び教材代金をクラウドファンディングで募集します。


【関東会場】
日時 : 2016年10月16日(日)
時間 : 15時~17時(14時45分受付開始)
場所 : ニューオータニガーデンコート1F 紀尾井フォーラム
     http://kioi-forum.com/access/
★懇親会 : 17時半から19時半
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【関西会場】
日時 : 2016年10月23日(日)
時間 : 15時~17時(14時45分受付開始)
場所 : ヒルトンプラザ ウエスト・オフィスタワー8階
     http://yb2-kaigi.com/access.html
★懇親会 : 17時半から19時半


多田 多延子

広島生まれ、広島育ちの女性起業家。
卒業後はNHKのパーソナリティ等キャリアを積む。
学生時代、「初代ミスJRひろしま」としての経験を活かし女性の人材教育・派遣業を自己資金で起業。
800名のスタッフと共に全国展開を果たす。

質問やメッセージを送る


対立のない平和な世界を1日も早く実現させたい!
初めまして、一般社団法人「ピースピースプロジェクト」の多田多延子と申します。
わたくしは、広島生まれの広島育ちです。

10歳の時に、交通事故にて脳内出血で生死の境をさまよいました。
死生観が変わる体験から「生かされている」感謝と感激を形に表すために
「たくさんの人々の役に立つ人生を送りたい。」と思い、
社会に役立つ起業家を志しました。

高校時代、ボランティア活動を行っていた時から
辛い、悲しい思い出だけでなく、壊滅的状況から復興を遂げた史実や、
「恕(ゆる)す心」で復興を支えた人々の心を伝えたいと願い続けてきました。

そして、戦後70年を機に、戦争でほとんどの男手を取られた中で
広島の復興を支えた曾祖母や女性たちの実話を描いた漫画
「キセキのヒロシマ」を原作・自費出版致しました。

壊滅的な状況の中でも、前を向いて希望を持ち続けることで
困難を乗り越え復興した歴史的事実と、憎しみではなく、
慈しみ、敬いあえる事を祈り、恕す心と平和の大切さをテーマに制作致しました。

一般社団法人ピースピースプロジェクトの活動を通じて、
また、「キセキのヒロシマ」を読まれたすべての人々が、
「恕す心」と「慈しみ、敬いあえる心」で、
対立のない平和な世界が1日も早く実現することを心より願っております。



▼ピースピースプロジェクト活動エピソード
①代表理事多田は、オバマ大統領に広島訪問を実現いただくため、
英語版「ヒロシマミラクル」 をオバマ大統領にお渡しいただきたいと、
ケネディ米国大使に贈呈致しました。

ケネディ米国大使より、
大使館の同僚やゲストにも紹介したいと、感謝のお手紙を賜り、
オバマ大統領への贈呈もお喜び頂きました。

②『巨大折り鶴でギネスに挑戦!~世界一の夢おりづる
2009年8月29日~30日、広島修道大学にて実施しました。
参加していただいたボランティアの皆様は延べ1000名以上!

全員の力で1tの紙で折鶴作成を開始し、30日の午後8時に見事完成し、ギネスに認定されました。

両翼81.94m、高さ36mの新記録です。屋外実施は、世界初の快挙です!
ご参加頂いたボランテイアの皆さま・サポート頂きました関係各位の皆様に心より感謝致します。



▼キセキのヒロシマ講演会~読書会
【概要】
復興漫画キセキのヒロシマを課題本に
参加者の皆様とディスカッションします。

後半は、多田多延子講演会を開催します。

恕す心と世界平和
~今まで語られてこなかった広島の女性達の実話


【注意事項】
当日参加はクラウドファンディング支援者のみ。


【関東会場】
日時 : 2016年10月16日(日)
時間 : 15時~17時(14時45分受付開始)
場所 : ニューオータニガーデンコート1F 紀尾井フォーラム
      http://kioi-forum.com/access/
住所 : 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
電話 : 03-5213-6886

★懇親会 : 17時半から19時半
※ご参加は懇親会付き支援者のみ。
※詳細は支援者へ直接メールいたします。
 とても素敵な場所です。

★ファシリテーター : 酒井美佐先生
【プロフィール】
2014年~2016年現在で読書会参加延べ人数は884人。
1日3回開催するほど、読書会ファシリテートが大好き。
2015年最優秀リーディングファシリテーター受賞。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【関西会場】
日時 : 2016年10月23日(日)
時間 : 15時~17時(14時45分受付開始)
場所 : ヒルトンプラザ ウエスト・オフィスタワー8階
      (1階にルイ・ヴィトンが入っているビルです。)
      http://yb2-kaigi.com/access.html
住所 : 大阪市北区梅田2丁目2番2号
電話 : 06-6341-3334

★懇親会 : 17時半から19時半
※ご参加は懇親会付き支援者のみ。
※詳細は支援者へ直接メールいたします。
 とても素敵な場所です。

★ファシリテーター : 磯西重行先生
【プロフィール】
物事の考え方や問題解決の方法として、マインドマップやフューチャーマッピング等の思考ツールを教育に取り入れ、自ら考える力の育成に努めています。
・小学校教員
・ThinkBuzan認定マインドマップインストラクター
・フューチャーマッピングファシリテーター
・ReadForAction協会認定リーディングファシリテーター
・TOC(制約理論) Learning Connection
・日本ファシリテーション協会会員


▼復興漫画「キセキのヒロシマ」とは?
本教材で使用します復興漫画をご説明します。
世界一の復興都市ヒロシマを「女性」主人公で描いた漫画

広島は2015年、戦後70年を迎え、壊滅的な被害から瞬く間に甦って国内でも有数の都市となりました。

原爆投下からわずか3日で運転を再開した路面電車や、75年間草木も生えないと言われていた広島で、半年後には新芽を付けた植物などが、広島の復興のシンボル的存在として語り継がれています。

しかし、当時は戦争のために殆どの男手を取られていました。
瓦礫の中から立ちあがり、復興を支えた女性達でしたが、
彼女達を主人公にした書籍は今まで存在しませんでした。
(公益財団法人広島平和文化センター平和記念資料館調べ)

ヒロシマを伝えるほとんどの書籍は、原爆投下による被爆の悲惨さを世界に伝えてきました。
「キセキのヒロシマ」は、当時の日本人がどのように復興に立ち向かったのかを描いています。

壊滅的な状況の中でも希望を持ち続けた広島の女性たちを通じて、
恕す心と平和の大切さを世界に発信しようと作成いたしました。

一般社団法人ピースピースプロジェクト代表理事の多田多延子は、
曾祖母、祖父母、両親が被爆した被爆二世で、幼少期より、女性達がどのような想いで復興に立ち向かったのかを身近に見聞きしていました。

戦後70年を機に、壊滅的な被害の中でも、前を向いて希望を持ち続けることで
困難を乗り越え復興した曾祖母や女性たちの歴史的事実と、

憎しみではなく、慈しみ、敬いあえる事を祈り、平和の大切さをテーマに
実話をもとに漫画で世界中に伝承しようとの想いから企画、監修し、出版致しました。

▼キセキのヒロシマの読者の声
http://ppp.holy.jp/book/impressions/



▼このプロジェクトで実現したいこと
私は、広島市生まれの広島育ちです。「キセキのヒロシマ」を原作・自費出版致しました。

今から70年前、広島は世界で初めて原爆投下されました。私は、曾祖母、祖父母、両親が被爆した被爆2世で、原爆と復興を身近に感じながら育ちました。

高校生の時から広島の平和記念公園内の記念碑の案内をするボランティア活動に
参加していました。しかし、どの資料も広島の被爆の悲惨さを伝えるものばかりでした。

平和学習に訪れた方々からは、「広島に来るとつらい原爆の歴史を思い出すから、もう広島に来たくない」と言われ、何度も悲しい経験を致しました。

現在も世界各国で原爆展が開催されていますが、今なお白黒の写真で
被爆直後の焼け野原とやけどの悲惨な写真パネルばかりが展示されていることも、私の中で悲しいギャップとなっていました。

広島は、悲しい思い出だけの都市ではありません。
がれきの中から見事に復興を遂げた、希望あふれる「復興都市」です。

原爆の悲惨さだけを伝えるのではなく、奇跡の復興を遂げた女性たちの姿を伝えることで、「広島が平和を願い続ける希望あふれる都市と感じて欲しい!」
とそんな願いを持っていました。

そしてその願いから、戦後70年を機に、戦争でほとんどの男手を取られた中で
広島の復興を支えた曾祖母や女性たちの実話を描いた漫画「キセキのヒロシマ」を原作・自費出版致しました。

壊滅的な状況の中でも、前を向いて希望を持ち続けることで困難を乗り越え復興した歴史的事実と、憎しみではなく、慈しみ、敬いあえる事を祈り、平和の大切さをテーマに制作致しました。

「キセキのヒロシマ」を読まれたすべての人々が、「恕す心」と「慈しみ、敬いあえる心」で、対立のない平和な世界が1日も早く実現することを心より願っております。


▼資金の使い道
東京・神戸で、講演会+読書会形式のイベントを開催。
・イベント開催及運営・教材費用 600000円



講演会、読書会開催にあたり!
現在、広島には、小学生を中心に年間30万人を超える修学旅行生が平和学習に訪れています。
しかし、現在の平和学習プログラムは、
原爆投下による被爆の悲惨さや被害を伝える事を中心にしています。

わたくしは、親族を原爆で亡くし、両親も被爆者である被爆二世として、
広島を訪れる子供たちが広島でのワクワクする平和学習を通じて、
豊かな人生を創造することを目指しています。

「キセキのヒロシマ」は、未来志向の平和教育の一助となることを願い、原作致しました。
皆様と会場でお目にかかり、いっしょに子供たちの幸せに橋をかける
平和教育プロジェクトを始動出来ることを楽しみにしています。



▼起案者情報
一般社団法人ピースピースプロジェクト
http://ppp.holy.jp/
広島市南区出汐1-17-25-2F (株)TSP内
TEL:082-253-0528 / FAX:082-253-0548
peace_piece@tsp-cg.com


応援よろしくお願いします!
3,000円

・お礼の手紙

残り 99 件です。
1件支援されています
2016年10月にお届予定です。

募集期間終了
オリジナルポストカード
5,000円

・お礼の手紙
・ピースピースプロジェクトオリジネルポストカード
※写真はイメージ画像です。

残り 20 件です。
0件支援されています
2016年10月にお届予定です。

募集期間終了
多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会参加権<東京>
10,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。

残り 19 件です。
1件支援されています
2016年10月16日にお届予定です。

募集期間終了
多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会参加権 <大阪>
10,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。

残り 20 件です。
0件支援されています
2016年10月23日(日)にお届予定です。

募集期間終了
多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会【懇親会付き】<東京>
15,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。
・懇親会(会場については別途ご案内します。)

残り 33 件です。
5件支援されています
2016年10月16日(日)にお届予定です。

募集期間終了
多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会【懇親会付き】<大阪>
15,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。
・懇親会(会場については別途ご案内します。)

残り 25 件です。
5件支援されています
2016年10月23日(日)にお届予定です。

募集期間終了
【ペアチケット】多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会<東京>
18,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」2冊
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。

残り 3 件です。
1件支援されています
2016年10月16日(日)にお届予定です。

募集期間終了
【ペアチケット】多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会<大阪>
18,000円

・お礼の手紙
・教材「キセキのヒロシマ」2冊
・多田多延子講演会とキセキのヒロシマ読書会
※詳細については本文参照ください。

残り 2 件です。
0件支援されています
2016年10月23日(日)にお届予定です。

募集期間終了
多田多延子を講演会に呼べる権利
80,000円

多田多延子を講演会に呼べる権利(2時間)
※宿泊・交通費別途(都内の場合6万円程度)
※講演内容は別途打ち合わせ
※通常10万円

残り 2 件です。
1件支援されています
時期ご相談くださいにお届予定です。

募集期間終了
[EDIT]