プロジェクト詳細

ちっちゃい子のママに身軽に集まってきてほしい~No Mom'sbag Project~

乳幼児の子どもを持つお母さんの中には子どもの発達に不安を感じている人もいます。
障害を言うほど深刻ではなかったりするので、相談機関に行くほどでもない。
けれど、なんだか育てにくいし、周りの子と違う気がする。
一人で子育てしているとそんな不安がどんどん大きくなって気持ちに余裕がなくなってくる。
そんなお母さんたちに子どもの発達について話せる場、気軽に身軽に集まる場を月1回設けたいと思いました。
今回は、特に「身軽に」というところにより一層フォーカスして赤ちゃんに必要な「ミルク、おむつ、離乳食、おしりふき、ウェットティッシュ、哺乳瓶、おもちゃなど」を
主催者が用意しておきたい。
また、公共交通機関での移動が難しいお母さんはある程度の制限は設けるものの会場からさほど離れていないご自宅まで
迎えに行くこともできると良いと考えています。
子育てに有益なベビーマッサージや絵本の読み聞かせ、家庭内療育などのインストラクターにも来てもらい、子育て支援も同時に行いたい。


やまもと まゆみ

NPO法人発達障害児支援LOF教育センター、一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会 代表理事 

質問やメッセージを送る


発達障害支援からうまれた独自の教育プログラムで社会課題を解決
発達障害というユニークな個性を持つお子さんや若者、そしてその家族の教育的、療育的サポートを行っています、長年の積み重ねから生まれたLOF教育センター独自のサポート「やまもと式支援プログラム」により幼児から若者、当事者までの総合的にサポートしています。また、支援者育成事業も同時に行っており、その実績からも支援者(チャイルド・ライフ・サポーター®)育成事業も行っています。

小さなお子さんのお母さんの子育て不安を減らしてあげたい
厳しい現代社会の中で核家族で子どもを育てると言うのはとても大変です。ましてや子どもの発達に不安を抱えるお母さんたちの毎日の不安やh老は計り知れません。孤立するお母さんの子育てを社会で支える手立てとしてこのプロジェクトを考えました。小さいお子さんをお持ちのお母さんが気軽に、身軽に、安心して子どもの発達について話せる場があれば良いなと思いました。また、「発達障害」についてご存じではない方も少しでも興味を持っていただき、子育て中のお母さんに優しくしてもらえたらと思うからです。

発達に不安があるちっちゃい子のママに身軽に集ってほしい~NO Momsbag Project~
乳幼児のお子さんのお発達に不安を抱えるお母さん方に気軽に、身軽に、安心して集まって子育ての不安を共有し、孤立する子育てのストレスを軽減するためのお手伝いをさせていただきます。外出時にいつもは持ち運びしているミルク、おむつ、離乳食、ウェットティッシュなどの備品をこちらで用意することでお母さんが持ってくる荷物を大幅に軽くすることができます。また、集まってきてもらった際に子育てにプラスになるような勉強会を開催してお母さんの学びの場にまるような仕掛けも行っていきたいと思います。そうしながら、「発達障害」が疑われるお子さんの早期発見早期支援も実現できればと願っています。

「発達障害」ってなあに?って思う人も、「発達障害支援してほしい」って思う人も。
まずは子育てしているお母さんを応援したい!と思ってくださる方。
そして、私も子育てしてて気持ち良くわかるわ~と感じている方。
今まさに子どもの発達に不安を感じているお母さん。
「発達障害」ということに興味がある方、関係のあるお仕事をなさっている方。それぞれの方に喜んでいただけるようなお返しを考えました。

子育ては保護者と一緒に社会が担う
発達障害児と家族支援をずっと行ってきましたが、発達障害と言うのは「中枢神経系の機能不全」が原因ですから、脳機能の改善、向上により子どもたちがどんどん発達していくようになりました。脳機能の向上、活性化と考えると決して発達障害児だけではなく全ての子どもや人にとっても良い影響を与えると言うことが臨床を行っていてわかりました。「発達障害児の子育て」も「普通の子の子育て」も何ら変わりがなことを確信しました。全ての子どもたちがその可能性を最大限に延ばし、幸せに生きるための選択ができる社会になってほしいと思います。そのためにも子育てと言う大変なことを保護者だけに責任を負わせるのではなく社会全体として取り組み、現代社会で孤立する子育て世代の保護者の人たちが安心して子どもを産み育てることができる社会にしなければならないと思います。

赤ちゃんに必要なものとお母さんに必要なものを。
赤ちゃんを必要な、ミルク、哺乳瓶、洗剤、おむつ、ウェットティッシュ、離乳食、おもちゃ、ラグマット、などの備品とお母さんたちの子育てのヒントになるベビーマッサージ、絵本の読み聞かせ、発達に関する知識などを来られた際に少しでも提供できたらと考えています。また、予算の許す限り複数個所でも開催したいと思っております。半年月1回2か所でを目標に開催したいと思います。

これからの社会を担う全ての子どもが健全に育ち、幸せに生きる社会を実現
子どもが健やかに幸せに育つ社会でなければ豊かな社会にはなりません。子どもが本来持っている能力を向上させなければ、子どもが自分自身で幸せに生きる道を選択することができません。人間らしく生きていくことはできません。そのことは発達障害があっても同様で人間らしく幸せに生きていくことはできると確信しています。出来るだけ早くユニークさに気づき、そのユニークさを受容しながら最大限に可能性を拓く努力をすることが幸せな未来へと繋がっていきます。子どもたちが笑って楽しく、学び成長できる社会を実現させたいと思います。

やさしい社会 Marble World の実現を
発達障害というユニークさを持ち合わせている子どもたちや大人の人たちにもいろんな可能性を秘めている。障害とするかしないかというところに明確な線引きはなくあいまいで時として壁など無いのではないかと思っています。彼らば彼らの可能性を最大限に開花させることができればきっとその困難さは個性へと変化していくのでしょう。「どんな障害があろうとも幸せに生きる機会を与えられ、しあわせに生きる選択ができ、幸せに生きる決断ができる人に育ってほしい。」そんな願いを抱きながら、彼らの可能性を最大限に引き出す援助を行っていきたいと思います。そして、いろんな人たちがそれぞれの個性を輝かせながら生きていくことができる社会「Marble World」が実現すればいいなと思います。

子育ては社会が保護者と担うこと
子どもの発達に不安がある人には少しでもその不安が軽減されるように。
発達障害の知識をつけてみたいと思う人にはその情報を。
発達障害は身近な障害で知らないだけでそれっぽい人はたくさんいる。
知らないうちに周りの人たちに受け入れられ支えてもらいながら生きていくことができると幸せだと思う。生きづらさが深刻になって来たのなら少し自分のユニークさと向き合うと良いかもしれません。
「発達障害」というキーワードになんとなく惹かれた人は是非、応援よろしくお願いします。

やまもと式支援プログラム無料体験
5,000円

HPにお名前公表。
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害地域支援員)講座の割引券
やまもと式支援プログラム(療育、知的能力開発のどちらか1回、あるいは保護者の学びクラス1回 ただし、WISC検査勉強会は除く)
ステッカー

残り 16 件です。
4件支援されています
10月中にお届予定です。

募集期間終了
個別相談
10,000円

HPにてお名前記載(希望者)
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害地域支援員)講座割引券
ステッカー
子育て電話相談、あるいは面談 60分を2回分

残り 4 件です。
6件支援されています
10月中にスタートにお届予定です。

募集期間終了
ワークショップで楽しく学ぶ
30,000円

HPにて名前記載
各種(発達障害理解講座2時間)ワークショップ、交流会参加券 
チャイルド・ライフ・サポーター®講座受講割引券
ステッカー

残り 9 件です。
1件支援されています
10月末~順次にお届予定です。

募集期間終了
代表理事やまもとに個別相談
50,000円

個別相談(電話、あるいは面談にて相談1時間×3回)
ステッカー
チャイルド・ライフ・サポーター®講座割引券

残り 0 件です。
4件支援されています
10月から順次にお届予定です。

完売しました
お子さんへのやまもと式支援プログラム出前授業
100,000円

発達に困り感がある子のやまもと式支援プログラム(療育プログラム、あるいは知的能力開発プログラムのどちらか)出前(対象児3名まで)
交通費、会場費は別。
あるいは、個別訪問、個別相談、個別体験 合計3時間まで。(交通費別途)
チャイルド・ライフ・サポーター®講座割引券 ステッカー

残り 2 件です。
0件支援されています
冬休み、春休み中にお届予定です。

募集期間終了
社員研修
200,000円

会社の社員の方への発達障害についての理解研修(発達障害だと思われる人への関わり方などトピックは要相談)
あるいは、社員で発達障害だと診断された人への研修
若しくは福祉事業所職員への発達障害理解講座など希望をお聞きしての1日研修企画~研修実施、フォローまで
HPに企業様名記載

残り 1 件です。
0件支援されています
9月中旬から打ち合わせ開始にお届予定です。

募集期間終了
[EDIT]